top of page

新会場11月のスケッチブック展in佐久島について

更新日:2023年8月30日

愛知県開催二度目のスケッチブック展は4月の安城市に続いて隣市の西尾市一色町佐久島になります。

時期は11月15〜30日で決定致しました!


11/ 15 ・16・17・18・19・22 ・25・26・29・30 営業日

です。

注※(定休日月曜火曜・臨時休業11/23・24)


安城の隣市、西尾市とはいえ佐久島は小さな島になります。

初めての会場、しかも島!船に乗らないと行けないところですがとっても良い所なんです。

筆者ベベポポが主催者とさせて頂きます。

なんだかわくわくドキドキ、今回は佐久島を少しご紹介させて頂きますね。


三河湾に浮かぶ小さな島、佐久島。




人口はわずか200人程でコンビニもスーパーもありません。

畑で野菜を栽培、車は軽車両のみで信号もありません。

豊かな自然に包まれた島で里山の風景が広がり、黒壁の民家の路地には猫がのんびりと歩いています。

穏やかな海を眺めてぼーっとするのに最適。レンタサイクルもありますので島の散策が楽しめます。

20年程前からアートな島おこしをしていて、いたるところにアート作品があります。

近年 動物写真家の岩合光昭さん監督の「猫とじいちゃん」の映画ロケで話題になり、観光客もずいぶん増えたそうです。

海の幸のあさりやタコ、しらすなどグルメもたくさん、民宿やカフェもありますので小旅行に最適です。


そんな佐久島、筆者は友人の個展がギャラリーで開催されていたのもあり、5月に佐久島へ行って来ました!

佐久島はまだまだ愛知県民でも行ったことがないという人が多いところなのですが、筆者の地元から結構近いので初めて行きレンタサイクルで島中を周って来ました。


西尾市の一色漁港から船で20分ほど。

歩いても周れますがあちこち行きたいのでレンタサイクルを利用しました。

お、猫ちゃんが案内してくれる?

佐久島アートピクニック作品のひとつ。

「おひるねハウス」。インスタ映えは当然のこと。

「かもめの駐車場」という作品。海風が気持ちいいです。


高台に出る。写真ではわかりにくいですが遠くに紫の砂浜が見えます。砂が少し紫がかっている。


黒壁民家の路地には猫ちゃん。たくさん出会えました。

連休明けに行ったので人は少なめ。でもこれが本来の佐久島の姿です。

不思議なアートがあちこちに。スタンプラリーにもなっています。

「イーストハウス」。この近辺から目的地のギャラリーが近いです。

地図上だと東港の近く。(港は2つあり西港と東港があります)




そしてギャラリーのオーナー様とご縁があり、スケッチブック展を開催することになりました!!

愛知ではいつも安城市を中心にスケッチブック展を開催してきましたが、今後は拘らずに色々なところで開催してみたいなぁと考えていた矢先でした。




「gaiiery and shop はる雲」さん。

この日は友人の個展開催中。


お茶もいただけます。素敵な空間です!!





11月はどちらかというと島のオフシーズンではありますが、どんなスケッチブック展になるか楽しみです。そして 少しずつ島の方にも観ていただき、いつかオンシーズンに展示とスケッチ会同時開催ツアーなんて出来たらな、と今から目論んでいます。


是非小旅行と合わせてスケッチブック展ご覧になりませんか?

また詳細は記事にしていくつもりです。







閲覧数:31回0件のコメント

Comments


bottom of page