top of page

弾丸スケッチブック展 in ホーチミンⅡPart2

Yumiさんからヴェトナム旅のレポートの続きが届きました。

1月に神戸のうわの空美術館のおふたりが旅した弾丸スケッチブック紀行になります。

Yumiさん、魔女メグさんヴェトナムにハマっています!

それでは続きをどうぞ。



『 さて下の画像、一見ハワイか?!と思いきやここはヴェトナム、ホーチミンです。

この地区はニューヨークを模して造られた地域で公園の名前もセントラルパーク。 』 ↓



 

『 この公園の一角で魔女メグさんはスケッチブックを並べます。

...が、誰も通らない...早々に次なる場所を目指します。 』 ↓



 

『 セントラルパークを出るとこの辺りは高層マンション群、海外赴任の外国人などが

多く滞在しているそうです。

そのマンション群の中でもひときわ目に付くのは「ランドマーク81」

地上81階、地下3階建てで東南アジアでは最高層のビルだそうです。

5つ星ホテルの他マンション、オフィス、ショッピングモール、レストラン、バー、

展望台、国内最大規模のスケートリンクも併設されています。 』 ↓



 

『 そんな高層マンション群の間に小さな公園があります。

いましたいました。

おばあちゃんがお孫さんと遊んでる...と思いましたが、後で聞いたところによると

おばあちゃんと思ったのはナニー(ベビーシッター)でした。

魔女メグさんは早速描き始めました。

皆さん協力的、嬉しそうにモデルになってくださいました。

ところが、このナニー達、英語が全く通じません。 』 ↓





 

『 そこに男の子のお母さん登場。

若い人は英語が話せるのでやっと男の子の名前を聞くことが出来ました。 』 ↓






 

『 スケッチブックを広げていると日本人でホーチミン駐在員の奥様とお子さんが

やってきました。スケッチブックを見て下さりお喋りに花が咲きました。 』 ↓



『 早速、男の子をスケッチ。Luca君は海外に出ても通じる名前。

賢そうな男の子でした。 』 ↓



 

『 さて、ホーチミンではギャラリー巡りもしました。

街角ギャラリーはトンネルのような場所の壁に絵が飾られています。

壁画のように直接描かれた絵もありました。 』 ↓



 

『 ちゃんとしたギャラリーもありますよ。

こちらは3階建の近代的ギャラリー。

展示されていた作品もお洒落でした。 』 ↓



 

『 ヒンドゥー教のお寺もありました。

このお寺はなんといってもタイルが見事!

色とりどりのタイルが素敵でした。 』 ↓




 

『 夜はお洒落なレストランでヴェトナム料理を満喫。

お腹いっぱい食べてもひとり2000円ほど。

安くて美味しいヴェトナム料理です。 』 ↓




 

『 陶器のお店にも行って来ました。

日本で生活したことのあるヴェトナム人の女性が経営しています。

素朴な焼きと絵が普段使いの食器としては最適。

小皿を購入してきました。 』 ↓



 

『 そして最後はふたりが大好きなバインミー(ヴェトナムのサンドイッチ)の名店「Huynh hoa」 。

ここだけは絶対行きたい!と最終日にようやく行って来ました。

行列の出来るお店です。大きなパンに具がいっぱい。

肉のパテと大根なますが美味しい!

あまりにも量が多いので日本に帰国してからも残りを食べ、3食分になりました。 』 ↓



 

『 今回の旅は食べて、描いて、観光して、スケッチブック展をして...ともりだくさん。

新しいホーチミンを知ることも出来、とても有意義な旅でした。

ヴェトナム料理は安くて美味しい。日本人の口に合うと思います。

若い人たちが元気に働いているヴェトナムはとっても魅力的。

手軽に行けるヴェトナムに是非足を運んでみて下さい。

ハマる事間違い無しです。 』 






Yumiさんレポートありがとうこざいました!

楽しい美しい美味しい旅。。。素敵です。

街でお二人に出会えた方々もラッキーですね。

スケッチブックと共にの旅はやめられませんね!!(^ ^)






閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page