top of page

佐久島スケッチ会を6月7日(金)に開催します



もうすぐスケッチブック展 in 佐久島が始まりますが、その会期のイベントとしてスケッチ会を開催します。

6月ですし平日ということもあり、お天気の心配や人数集まるかな〜?と

色々思うことはありますが、マイペースにゆる〜い気分で行きます(笑)

是非ご都合のつく方はご参加ください!


スケッチ会は午前中から始めますが、13時からはスケッチブック展の会場の

gallery&shop はる雲さんが開店しますので、スケッチブック展を楽しんだり、会場を

スケッチしてもいいかもしれません。

gallery&shopはる雲は古民家で建物自体も作品のような佇まい。

もちろん町並み、島の大自然、海辺も素敵です。


今回のテーマは「島を描こう」です。

漁港や小島もありますし、黒壁の古民家、島の猫たち、そして何と言っても佐久島の

特徴はアートの島と呼ばれるくらい、屋外にアート作品が点在しています。

佐久島は規模の大きい観光開発はされておらず、自然がたくさん残っています。

そんな佐久島をスケッチしませんか?


人口200人前後の小さな佐久島ですが、それでも少しずつ観光客は増えていて、

近年アート作品をインスタに上げたり、若い観光客にも佐久島人気が出てきています。

インスタ映えするアート作品を巡ってスタンプラリーもできます。

レンタル自転車もありますので、楽しみ方は人それぞれ。

新鮮な魚介類を食したり、かき氷やジェラートなどおやつのお店も増えつつあります。


島には移住して来た作家さんもいらっしゃるとか。

島内の人、島外の人で思い思いに佐久島を描きましょう。


スケッチ会自体の参加費は無料、スケッチ会で描いた作品をスケッチブック展で飛び入り展示することも可能です。(展示参加の場合はお一人1000円の参加費をちょうだい致します)


集合場所はgallery&shop はる雲前。(午前中ははる雲は閉まっていますが)

ギャラリーの場所がわからない方は佐久島東港。

港はすぐ近くなのでお迎えに上がります。


なお、時間にきっちり参加できない方は事前にホームページお問合せにご連絡お願い致します。集合時間に参加できる方も参加表明でメールくださるとありがたいです。


佐久島のフェリーの本数が少ないので、開始・終了が個人のご都合があるかと思います。

なるべくメールでお問合せいただけると把握、ご案内できますのでよろしくお願いいたします。


画材は基本各自持参としてますが、少しならこちらでも余分をご用意致しますので

是非お声掛け、お問合せ願います!


あと、島には所々竹藪があり林や森もありますので虫除け対策は必要かと思われます。

特に虫除けスプレーは必須ですよ!


なんだかとってもゆる〜いスケッチ会で申し訳ありません。

島観光しつつ飛び入り参加もお待ちしております!!

スタッフは筆者のベベポポ(小野)、神戸の魔女メグさん、安城のマルコさんもいますよ。

ギャラリーのはる雲オーナーさんも参加予定です。




まずは佐久島の位置。

愛知県の三河湾に離島が3島ありそのうちの一つが佐久島です。↓



島の全景。

フェリーの佐久島到着は港が二つあります。西港、東港。港同士は歩いて30分くらいの距離。

島は自転車で回れるくらいの大きさです。  ↓


本土の一色港(いっしきこう)から佐久島の港への距離感。↓


フェリーの時刻表。日帰りの場合はフェリーの時間に合わせて島で過ごす感じになります。↓

       お泊まりは民宿が東港付近にたくさんあります。



フェリーの乗船料金。

ちなみに車は載せれません。大型荷物(自転車や座席に持ち込みできない大きさ)は別途数百円ですが持ち込むことができます。  ↓

一色港(本土)まで電車とバスでいらっしゃる方は西尾市の西尾駅から名鉄バスに乗れば一色港に着くことができます。  ↓


なお、一色港に直接お車でお越しの方は、駐車場が無料です。

一色さかな広場の駐車場と渡船場の駐車場は共同です。




そして、遠方からお越しの方へのご案内。

距離感がわかりますでしょうか。   ↓  


佐久島にはたくさんの見どころがありますので

詳しくは公式ホームページを是非ご覧ください。↓




愛知県西尾市観光協会のホームページですと、

佐久島だけでなく西尾市の名産お抹茶どころ、ブランドうなぎ、温泉についてもご案内しています。こちらもご覧くださいね。↓





お天気、海が荒れないことを祈りながら・・・

お楽しみに!!

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page