ミニスケッチブック展in刈谷リポート

6月27日(日)にミニスケッチブック展in刈谷が開催されました。

愛知県刈谷市のデイサービスセンターだいふくが会場です。

だいふくは「NPO法人 我がまちの縁側」が運営するデイサービスセンターです。


隔月第4日曜日にミニミニde縁日としてミニイベント&サロンを開催しています。

介護予防体操や出張駄菓子屋、ウクレレ演奏、焼き菓子販売など様々な催しがされています。

今回はスケッチブック展もお邪魔させていただきました。


展示の内容はスケッチブック展in安城とほぼ同じ内容で、ミニスケッチブック展として

展示させていただきました。


デイサーブスセンターだいふくの外観です。民家をリフォームした感じです。




この日のチラシ。スケッチブック展は初めての参加!↑



おもてにはミニスケッチブック展のチラシを飾らせて頂きました。↑



どんな方もゆっくりできるアットホームなデイサービスセンターです。明るい土間でお喋りしてもいいですね。



スケッチブック展はダイニングのテーブルをお借りしています。↑

奥にはあんとびさんが見えます。



蛇腹スケッチブックやファイルがいっぱい。

ババちゃんさんはこの日は欠席でしたが作品は出しています。

お馴染みの絵手紙がたくさんあります。

手前はmarucoさんの海外旅行のスケッチファイル。↑


安城メンバーは蛇腹作品が多いので展示が結構大変なんですが・・・

感染対策のシートにも利用させていただいてます。


手前は東京のだーくろさんの作品です↑



感染対策もバッチリです。消毒液はあちこちに置いています。


芳名録やコメント付箋も忘れずに。

スケッチブック展の軌跡などPRもしました。

カレンダーはあんとびさんの作品です。↑



こちらはあんとびさんが長年描きためたスケッチスクラップ帳。↑

干支や季節感たっぷりの素敵なイラストです。

心が温まります。




本棚も飾らせて頂きました。↑

蛇腹スケッチブックを広げようにも長ーいので本棚からいお取りくださいという感じです。



この日は天気予報は雨。結局降らなかったのですが、お客様は少なめ。

ですが、皆さんおひとりおひとりの滞在時間が長くゆっくりしていただけたので、じっくり観ていただくことができました。

とても丁寧に観られてコメント付箋もたくさん書いていただけました。

嬉しい限りです。


お客様には「なかなか美術館に行かないので近所でこうやって絵を観られて嬉しい」

というお言葉もいただけました。




こちらは焼き菓子販売の「おかしのtete」さん。ベベポポの友人です。

このイベントに誘って頂きました。

こちらのお店のロゴを描かせていただいています。

手作りお菓子は優しい味がします。


ビスコッティやマフィンが美味しいんですよ〜!



一角ではちょっとしたフリーマーケットや手作りキーホルダーを販売されています。




午前中の短い時間ではありましたが、ゆる〜い時間が流れまったりしたサロンのようなイベントでした。


ご近所のご年配の方から若い女の子までゆっくり楽しんでいただけました。


marucoさん(写真がなくてごめんなさい)あんとびさん、里美さん(新しい安城メンバー)お疲れ様でした。

そしてデイサービスセンターだいふくの関係者の皆様、お世話になりありがとうございました!








28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示