top of page

スケッチブック展 in東京2023番外編

Yumiさんから先日終了したスケッチブック展in東京の番外編レポートが

届きました。

東京地区で参加された方達の作品をご紹介致します。



『 まずは3年ほど続けて出展して下さっているフリージアさん。

動物の表情がとっても優しくて癒されるスケッチブックです。 』 ↓



『 RYU.Tさんは東京のスケッチ会にも毎回参加してくれています。

パンダ以外にも大きな作品がいっぱいありました。 』 ↓



『 お母さんのMASAKO.Tさんのソーダ水はすごく美味しそうでした。

今年の夏は暑かったので、ぴったりの作品です。 』 ↓



『 はたかなでちゃん6歳は同じくスケッチ会でお馴染みです。

本当に楽しそうな絵ばかりで思わず微笑んでしまいます。 』 ↓



『 お兄ちゃんのあいと君はユーモア溢れた作品が多くて、

この骸骨の題名も「生と死をさまようダンサー」ですって。 』 ↓



『 お母さんのあみさんは冷麺。リアルで美味しそう! 』 ↓



『 じゅんいち君は1年生、お姉ちゃんのれんかちゃん6年生と共にマリオに夢中。』 ↓




『 お母さんのかなねりさんは昨年に引き続きお子さんたちのバレーです。

人物をコラージュされていましたが、立体的に見えて素敵な作品でした。 』 ↓



『 yoshikoさんもスケッチ会でお馴染みです。

優しい色合いにお人柄が出ています。 』 ↓




『 今回、東京では久々に出展してくれたばーばらさん。

楽器の演奏など動きのある作品が人気です。

会場にも見に来て下さいました。 』 ↓



『 昨年に引き続き手漉き和紙の作品を出展してくれたのはHANAさん。

今回は、ページ毎にうっすらと子供の顔を描いていらしてほっこりする作品でした。 』↓



『 最後は私のスケッチブックですが、旅行日記を描いてみました。 』 ↓




Yumiさんありがとうございました。

東京メンバー、定着していて素晴らしい!

スケッチブック展を楽しんでくださっていて嬉しいです。


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page